逆セクハラにご注意!男だって傷付いているのです

セクハラって聞くと、男性が女性に対して行っている嫌がらせってイメージが無いですか?

上司という立場を利用して、性的な関係を迫ったり、カラダに触れたり、侮辱するような事を言ったりするイメージがありますよね。

確かにセクハラは男性が女性にする件数の方が多いのは事実ですが、女性から男性に対してセクハラを行う事があるのも事実なんです。

しかも女性側はセクハラだと思っていないケースも多く、訴えられたり、上司に報告されて「私セクハラしていたの?そんなつもりは無かったのに!」と驚く場合が多いようです。

セクハラの被害者と加害者の認識の違いとは?

加害者の認識としては「相手に嫌がらせをしたつもりは無い」という罪悪感が無い点が、セクハラ加害者の一番の問題点だと思います。

中には「褒めたつもりだった」「親しみを込めたつもりだった」など、むしろ好意的に振る舞ったと思っている場合も多く、被害者の気持ちに全く気付いていなかったという事が多々あります。

加害者は被害者と「親しい間柄」だと思っているので、多少の事は「冗談」で済まされるとさえ思います。

だから迷惑だったと知ると、逆に裏切られたような気にさえなる人もいるようです。

被害者と加害者の間に、ギャップが生まれてしまう理由とは?

なぜ両者の間に認識のギャップが生まれてしまうのでしょう?

それは同じ会社(もしくは取引先)という環境が関係していると思います。

これが何の利害関係の無い相手からのセクハラなら、ハッキリと迷惑で止めて欲しいと意思表示をする事が出来ます。

でも仕事を続ける上で、なるべく波風を立てたくない、居ずらくなったら困るという気持ちもあるので、露骨に嫌な顔をしたり、言葉でセクハラだと伝える事も出来ないという事情があります。

時には引きつりながらも笑顔を見せる事さえあるので、喜んでいると勘違いされてしまうケースもあります。

一人がセクハラをすると、周りも人も一緒になってからかったりして、余計に辛い思いをさせられる事もあり、みんなが言ってるから、余計に罪悪感が無いという最悪なケースもあります。

セクハラ+パワハラの場合もあるので、我慢して泣き寝入りしてまう人が多くなります。

セクハラを訴えるのは最終手段で、そこには退職覚悟という固い決意も必要となります。

最初は悪気が無くても、職場なんだというモラルを再認識する必要があると思います。

スポンサーリンク

女性の間違った認識に注意!男性がセクハラだと思う女性の言動とは?

女性は長い間、性差別を受けてきた歴史があるので、自分たちがセクハラされる事に対しては敏感に反応します。

でも逆に男性側に対するセクハラについては鈍感で、男性が女性に行ってセクハラと認定される事を、逆に男性に行ってもセクハラにならないと思っている人もいます。

同じ事をされても平気な男性もいますが、男性だって同じ人間なので、同じように不快に思っても何の不思議もありませんよね?

男性もデリケートな心を持っている事を、女性が認識しなくてはいけないと思います。

男性が会社に女性からのセクハラを訴えても、女性が訴えるより問題視されない傾向があります。

でもそれが原因でウツになって、退職する事態にまでに至ったら、法的に訴えられる可能性も出てくると思います。

そうなってからでは遅いので、自分の中の言動には注意したいものです。

男性はエッチだという女性の思い込みは迷惑です

確かに男性は露出の多い服の女性を見ると、性的に興奮したり、チラ見したりするので、露出の多い服=男性が喜ぶと思うのも仕方ないと思います。

でも男性にも選ぶ権利があるので、誰の露出でも嬉しいわけではありません。

グラビア雑誌のナイスバディのモデルのカラダを見るのと、女子社員のカラダを同じ視線では見られなくて当然です。

まして職場で仕事モードの時に、下着がチラチラするような非常識な服装で来られたら、「なに勘違いしてるんだよ」と不快な気持ちになるのも理解出来ますよね?

男性上司が胸毛の見える服で出勤したら、気持ち悪いですよね?一緒にしないで!と思うかもしれませんが、そのレベルで男性社員は不快なんです。

ミニスカートで脚を組み換えたり、スケスケのブラウスを着てきたり、胸の谷間が見えるボタンの開け方とか、女性から見ても、職場のTPOに合っていない下品な服装だと思います。

まして目の保養でしょ?なんて思ってたら、正直バカ女だと思いますね、訴えられても自業自得だと思います。

露出の多い服装で出勤する女性の事を、同性の社員も不快に思う人は多いので、何の得にもならないと思います。

好きな男性や父親に、そういう服装で出勤する女子社員ってどう思うか聞いてみたら、世間の男性の気持ちを理解出来ると思いますよ。

もし仮に露出に釣られて好きになる男性がいたとしたら、誘惑されたと勘違いされても仕方ありません。

その気が無いなら止めた方が身の為ですよ~下手したらストーカーされてしまうかもしれません。

スポンサーリンク

女性から男性へのセクハラの具体例とは?

露出の多い服装などは、分かりやすいセクハラの例となりますが、言動については気付かずに行ってしまうケースが多いので、具体的な例をあげてみたいと思います。

思い当たる事があれば、今日から止める事をオススメします。

セクハラで男性に訴えられるなんて、もし未婚だったら婚活にも響くと思いますよ。

痴女?親密な関係以外の人からのボディタッチは、単なるワイセツ行為です

恋愛感情の無い異性からのボディタッチは、男女関係なく不愉快なものです。

部下だから、同僚だからという理由で許されるはずはありませんよね?

「◯◯君の胸板厚いわね~」「◯◯君ってプリケツ~」「◯◯君の腕ってガッチリしてるね」などと、新入社員の男性に対して、カラダを褒めたつもりで発言したり、更にカラダにタッチする女子社員がいます。

これってセクハラですか?セーフですか?答はセクハラです!

女性に置き換えたら分かるはずですよ!

「◯◯ちゃんって、おっぱい大きいね~」「◯◯ちゃんって、いいケツしてるね」「◯◯ちゃんの脚キレイだね」と言われただけで、鳥肌立つと思いませんか?しかもタッチされたらどうしますか?

ここまで言っても理解出来ないなら、会社の平和の為にホストクラブへ行く事をオススメします。

男なのに発言はNGです!身体的欠点を指摘するな!

男性にとってプライドを傷付けられる言葉に「男のくせに」という一言があります。

逆に「女のくせに」って言われたら、腹が立ちますよね?これは互いに言ってはいけないセリフ、禁句です!

「男のくせにガリガリね~非力な男は頼り甲斐がないわ~」「男のくせに女の私より体力無いわね」など、男性としての価値を下げられる発言はセクハラになります。

女性に置き換えてみて下さい。

「女のくせに男みたいにガタイがいいな」「女のくせにゴリラ並みのパワーだな」なんて言われたら傷付きますよね?

男性への禁句は「男のくせに」「ハゲ」「デブ」「チビ」「臭い」「弱い(頼りない)」「ケチ」「貧乏」です。

愛情があったとしても、関係性を一瞬で壊してしまう破壊力のある言葉なので、売り言葉に買い言葉でも、口に出さないように気を付けましょう!

まして愛情の無い相手からなら、セクハラで訴えられる可能性もありますからね。

セクハラする人って、人の立場で物事を考えられない人だと思いませんか?

だって、同じ事を女性に置き換えたらセクハラだって分かるはずなのに、分からないから言動に現れるのだから。

スポンサーリンク

結婚出来ない憂さ晴らし?男性社員のプライバシーをえぐる

結婚の適齢期に関しては、女性の方が過敏に反応します。

それは出産というタイムリミットがあるので、30代のうちに結婚して出産しなければという焦りがあるからですよね?

だから「彼氏いるの?」とか「結婚する予定は?」なんて質問は聞かれたく無いわけです。

恋人や結婚の予定が無いと売れ残りだと思われるし、なんだか早く寿退社して欲しいのかな?と勘ぐってしまうからです。

それに比べると、男性の婚期は多少遅れたとしても、「仕事が忙しい」「仕事が面白い時期だから」など言えば、わりと寛容な雰囲気があります。

それでも男性もプライベートな事を根掘り葉堀りされるのは、不愉快な事だと思っているので気遣いが必要です。

彼女と仕事を結びつけた発言にイライラする

「◯◯君って彼女いるの?」「そろそろ結婚しなきゃね」などと、プライベートな事を聞かれるのは不快なのはモチロンですが、色々な場面で彼女の有無と仕事を結び付けて言われるのが耐え難いようです。

「◯◯君は独身だから、責任感が足りないのよ」

「そんな仕事ぶりだから、結婚出来ないのよ」

「張り切っているね(仕事)!もうすぐ結婚かな?」

「◯◯君、デートだから帰るの?(残業しないで)」

「◯◯君、オシャレして今日はデート?」

「彼女いないなら、紹介してあげるよ」

男性に彼女がいないと分かると、独身の女子社員や知り合いの女の子を紹介しようとするお節介も、断ったのにも関わらず、しつこく言うようだとセクハラだと言われてしまう場合があります。

親切のつもりでした事も、本人の気持ちを無視した事であると、それは迷惑でしかありません。

遠慮していると思い込んで、しつこく勧めるのは相手のストレスになるので止めましょう!

男性は家庭を持つ事で一人前とされる風潮があったり、実際に昇進に関して、独身と既婚で影響が出る事もあるようです。

でも仕事は実力で頑張っているので、それと恋愛や結婚を結び付けたくないと思っているようです。

そういう気持ちを無視した言動をすると、セクハラだと思われてしまいます。

既婚者の男性に対しても、奥さんの事や家庭の内情について、根掘り葉堀り聞き出そうとするとトラブルの元となります。

面白い可笑しく噂して、それが奥さんの耳に入って喧嘩になったり、家庭不和の原因となったら「あの子は口が軽い」と、トラブルメーカーだと敬遠される事になります。

親しき仲にも礼儀ありです。

スポンサーリンク

その行為ストーカー?職権乱用の恋愛はセクハラです

部下に恋愛感情を持つ事は犯罪ではありませんよね?好きになった男性が、たまたま部下だったというだけです。

でもアプローチを間違えると、セクハラだと訴えられる可能性があるので気を付けなければなりません。

なぜセクハラだと言われてしまうのでしょうか?どんな行動に問題があったのでしょうか?

仕事を理由に行動を拘束するとセクハラになります

◆A君の場合「LINE攻撃がハンパ無い!」

「女性上司と仕事の連絡にLINEを使っています。最初は仕事の話だけでしたが、だんだん仕事に関係ないLINEが来るようになりました。既読スルーすると返信が遅いと叱られます。彼女でもないのにすごく迷惑ですが、上司なのでブロックする事も出来ません」

まさに職権乱用ですよね?だんだんエスカレートすると、ストーカーになりかねません。

◆B君の場合「仕事の反省会だと飲みに誘われる」

「独身の女性上司から仕事の反省会だと飲みに誘われます。反省会とは名ばかりで、愚痴を聞かされたり、寂しいと抱きつかれます。酔った振りをしているのはバレバレなのに凄く迷惑ですよ。部屋まで送らされると、身の危険を感じます。早く恋人でも作って解放して欲しい」

これも職権乱用ですね、酔っててもカラダにタッチはセクハラですね。

◆C君の場合「残業と称して二人きりにされるのが怖い」

「彼女が居ないと知ると、理由を付けては残業をさせられています。会議室で二人きりにされて、急ぎでも無い仕事を手伝わされます。やたら距離が近くて顔が近付いて来ると、キスされるのでは?と怖くなります。『二人きりだね』とか『このまま泊まっちゃう?』なんて言われると、鳥肌が立ちます」

これも職権乱用ですね~プライベートな時間を奪う行為はセクハラですね。

◆D君の場合「肉体関係を迫られ、拒否したら地獄に」

「美魔女を気取っている女上司は、普段から年下にモテると自慢していました。何人かで家に呼ばれて出向くと、自分一人だけで罠だと気付きました。肉体関係を迫られて拒否すると、翌日から露骨に嫌がらせをされるようになりました。訴えるか転職するか迷っています」

これは完全にアウト!ですね。美魔女の肉食系女子を気取ったのに断られ、恥をかかされたと逆恨みのケースです。

ただ訴えても証拠がないので泣き寝入りするケースかもしれないので、その辺も計算済みなのかもしれませんね。

男性社員に恋愛感情があるなら、職権乱用せずに堂々と告白した方が、ハッピーエンドの可能性があると思いますよ~